簿記検定取得後の年収に違いはある?

簿記検定合格後に得られる収入は、経験値やスキル、勤め先の条件によって異なります。過去のデータを見れば、決算書作成スキルがあって実務経験の長い有資格者ほど、高い年収が見込めるようです。今回は、簿記スキルを獲得した後、就職・転職先でどれくらいの年収が期待できるか考えます。


簿記検定取得後の年収ってどのくらい変わるのでしょうか?
簿記検定取得後に得られる収入は、経験値やスキル、勤め先の条件によって異なります。
特に経理職では、同じ簿記でも上位資格を保有し、実務経験がどのくらいあるかで、年収が変わってきます。


経理職の年収は?

お金の出入りを正確に記録・管理する経理職は、どんな企業においても欠かせない存在です。

例えば決算書の作成など、経営に深く関わる書類作成スキルを持つのが経理職であり、簿記有資格者です。会計・経理において専門的な知識を有し、実務処理能力を持つ人材だけに、収入は決して低くないことが予想されます。単純に簿記資格の有無だけでなく、実務経験の違いでも、年収に違いが見られるようです。

以下は、経験年数別に見る簿記有資格者(2級以上)の平均年収です。

・3年以上+英語スキル:400万円~700万円程度
・3年以上:350万円~600万円程度
・1年~2年程度:300万円~450万円程度
・経験なし:200万円~350万円程度


経験値が高いほど、高度な実務を任されるケースも増えることから、年収もそれに応じて高くなるでしょう。
管理職などの重要なポジションに就けば、役職手当なども支給され、さらなる収入増も期待できます。


決算書作成スキルがあると年収も高い?

一般的に、経理職は連結決算書の作成スキル保持者や、原価計算の有経験者が優遇される傾向にあります。連結決算も原価計算も、日商簿記検定2級の出題範囲であり、同レベルの知識と実務スキルが求められます。

その他、年次決算を単独でまとめられる能力や管理会計の処理スキルも、年収に影響を与えるポイントです。

経理職は勘定項目ごとに金額を計算、算出額を記載し、データ書類などを正確に作成する実務処理能力がもっとも問われます。そのため、単に簿記の資格を持っているだけでなく、長年経理畑で働き、実績を積み上げてきた経験者ほど、重宝される傾向が高いといえます。

税理士や公認会計士の有資格者も経理・会計に関する知識を備えていますが、実務経験がなければ優遇される可能性は低いといえるでしょう。


収入は働く環境によって異なる

経理職の収入は、働く条件や環境によっても違いが見られます。

正社員とアルバイトでは年収に差があるのは当然ですし、就職先企業の事業規模や待遇、風土、労働環境に対する考え方によっても左右されます。
外資系企業で、英語スキルがあれば、より高い年収が見込めるかもしれません。

所有資格や能力によっては、経理業務の中でも生かせて、それが年収面に好影響をもたらすケースもあります。

簿記検定合格後の勤め先が会計事務所や税理士事務所である場合、事務所の規模や方向性、業務内容によって収入は異なるでしょう。

もちろん会計業務の経験があれば、年齢・性別問わず優遇される可能性はあります。

税理士や公認会計士の資格を持っていれば、将来性を見込まれ、特別なポジションを任されるかもしれません。

いずれにせよ、同じ簿記でも上位資格で、実務経験があり、なおかつ経理に生かせる特別スキルがあれば、活躍できるフィールドも広がって好待遇・年収アップの可能性が見えてくるでしょう。

簿記試験の短期合格を目指す方必見!短期合格に必要な3つの勉強法 無料公開中!

試験の概要や試験に出る各論点の攻略法をわかりやすく解説します。

無料配信中の講座はこちら

  • 短期合格セミナー
    「短期合格するための勉強法」
  • 通勤講座の無料体験版
    通勤講座の無料体験版
    ビデオ・音声講座、テキスト、通勤問題集付き
今すぐ無料セミナーと初回講座を試す