データサイエンティストが持つ3つのスキル

データサイエンティストってどんな人?

Question 「データサイエンティスト」という言葉をよく聞きますが、そもそもデータサイエンティストってどんな人なんですか?
Answer データサイエンティストとは、「1.分析のための統計解析スキル 2.データハンドリングのためのプログラミングなどのITスキル
3.分析結果を施策に落とし込み課題を解決するためのビジネススキルこの3つのスキルを持っている人と言われていますが、データサイエンティストになった人には2つのパターンがあります。具体的に見てみましょう。

データサイエンティストとは、一般的に次の3つのスキルセットを持った人のことを指します。

  1. 分析のための統計解析スキル
  2. データハンドリングのためのプログラミングなどのITスキル
  3. 分析結果を施策に落とし込み課題を解決するためのビジネススキル

このスキルを全て持った人はそう多くはいませんが、これらのスキルセットを持った人がデータサイエンティストと呼ばれています。
これからデータサイエンティストを目指す人に向けて、どんな人たちがデータサイエンティストになっているのかをご紹介します。


データサイエンティストになった人のパターンとは

パターン1
物理や数学を大学院まで研究し、それらの知識やスキルをベースにデータサイエンティストになった

1.統計解析スキル」と「2.ITスキル」の2つのスキルが際立って強い特徴があります。

これまで培ってきた数学などのスキルを存分に発揮し、現実に起こっている様々な問題に対して予測モデルの構築や、最新のアルゴリズムを用いたレコメンドシステムの構築などを行ったりします。


パターン2
統計解析の知識を持ち、心理学や経済学など人文科学系や社会科学系の分野で研究を進めたり、小売りの現場でCRM(Customer Relationship Management)などの経験を積み、それらの知識やスキルをベースに、データサイエンティストになった人

1.統計解析スキル」と「3.ビジネススキル」の2つのスキルが強い特徴があります。

これまで培ってきた統計解析スキルとビジネススキルを強みに、企業の課題をブレイクダウンし、分析結果を実際のアクション(施策やプロモーション)に落とし込み課題の解決を図ったりします。


データサイエンティストは、「理系」のイメージが強いかもしれませんが、理系に関わらず様々な分野の知識やスキルを持った人たちが目指せる職業です。また、同じデータサイエンティストであっても、自分が持っている得意分野を大きく活かすことができますので、これまでの経験や強みを活かしたデータサイエンティストになることができます!

この記事は株式会社アイズファクトリーが提供しています。

株式会社アイズファクトリー

株式会社アイズファクトリーは、理学博士が中心となり設立されました。
「全ての人に成功確率UPを届ける」をキャッチフレーズに、科学を活用してより良い社会に貢献すること、その後のシステム開発を通じて、お客様企業の業務効率向上に貢献すること、を目指しております。

 近年、ビッグデータ活用の必要性が高まっており、データマイニングがより注目されています、過去300超のプロジェクトで培った解析力と実ビジネスへの応用力は、グルメ情報提供サイト、ECサイト、広告関連企業、教育関連企業、自動車メーカー、公官庁、といった幅広い業界の大手企業・団体様から高い評価を得ております。

データサイエンスの概要を無料配信中!無料セミナーの動画と講義レジュメを配信!

通勤講座は今すぐ無料で受講できます。
まずはお試しください!

登録すると無料で試せます

  • 無料セミナー
    「データサイエンスの入口」
  • 講義レジュメ(PDF)
    無料セミナーのスライドがダウンロードできます!

※無料講座の内容は予告なく変更される場合があります。
あらかじめご了承ください。