一次試験突破法-1

間もなく平成29年度技術士一次試験の申込みが始まります。

2017/06/19

技術士一次試験突破に向けて気合を入れる受験者のイメージ

間もなく平成29年度技術士一次試験の申込みが始まります。

一次試験は二次試験とは全く違います。
よく技術士試験は難関試験と言われますがあれは二次試験の話で、一次試験は難関でもなんでもありません。昨年の合格率を少し紹介しましょう。

平成28年度技術士第一次試験統計
技術部門 受験申込者数 受験者数 合格者数 受験者に対する合格率
1 機械部門 2748 2205 1228 55.7
2 船舶・海洋部門 26 21 11 52.4
3 航空・宇宙部門 84 67 45 67.2
4 電気電子部門 2701 2130 1026 48.2
5 化学部門 332 281 186 66.2
6 繊維部門 74 58 38 65.5
7 金属部門 162 129 74 57.4
8 資源工学部門 19 17 9 52.9
9 建設部門 9729 7414 3194 43.1
10 上下水道部門 1393 1118 499 44.6
11 衛生工学部門 506 368 177 48.1
12 農業部門 744 631 388 61.5
13 森林部門 341 269 132 49.1
14 水産部門 74 60 25 41.7
15 経営工学部門 325 271 171 63.1
16 情報工学部門 1000 815 501 61.5
17 応用理学部門 430 348 182 52.3
18 生物工学部門 261 209 135 64.6
19 環境部門 1245 1009 479 47.5
20 原子力・放射線部門 177 141 100 70.9
22371 17561 8600 49

100人中30人は初めから諦めている人

全体の合格率は49.0%です。一番低い水産部門でも41.7%の合格率。
どんな試験でも初めから諦めて冷やかし半分で受ける人が30%程度いると言われています。ですから、100人中30人は初めから諦めている人です。
残り70人中49人は受かるのですからこれを難関と考えてはいけません。
普通に勉強すれば十分合格できる試験です。
難易度でいうと乙類の危険物取扱者、衛生管理者などが同等レベルです。
甲種危険物は明らかに技術士一次試験より難しいと思います。

ただ、専門科目は

参考書がすくなく勉強を進めにくいという問題はあります。
受験者の多い部門は参考書もそれなりにありますが、上の表で黄色表示にしてある、受験者の少ない部門では「試験対策」と銘打って発売している本はないと思います。
自分で過去問題を分析して専門書で中身を調べる作業が発生します。おそらくそれが一番大変でしょう。

勉強しやすい分野を

しかし、そもそも一次試験の部門と二次試験の部門は全く関係がありません。
一次試験を機械で受けても、二次試験を受ける時は全ての部門から選択することができます。ですから、単純に資料を購入しやすく、自分が勉強してきた分野に近い部門を受けても良いのです。
こんなことを書いている私も、元々機械工学を専攻していませんでしたから、一次試験は金属部門を受けました。二次は機械部門です。これは業務経験で決まります。
この一次と二次の部門変更は、ようするに大学で勉強したことを全ての技術者が就職してから活かせる訳ではないということを考慮しています。
大学で電気工学を学んでも就職してから機械工学の仕事だったということは良くある話です。「土木の勉強をして建設会社に就職したら環境影響の業務をずっとやっていました」という方を知っています。
そんな人達にも技術士の門戸を開くために技術士会は一次と二次の専門が異なる受験者を受け付けるのです。


匠 習作(たくみ しゅうさく) プロフィール

1962年生まれ。北海道函館市出身。1988年より医療機器メーカーに勤務し、1991年20代で工場長に就任する。2014年までの23年間、医療機器製造工場の生産管理、人材育成、生産技術に携わる。2012年技術士機械部門、総合技術監理部門を同時に合格し、2016年に独立。

次世代のエンジニアを育てるべく、技術士試験対策講座を主催する。日本で初めてグループウェアを使った通信講座であり、分かりやすい解説、講師と受講者1対1を大事にする指導で人気講座となる。また、科学技術全般を、一般の人・子供向けに分かりやすく説明するサイエンスカフェなども自主開催。機械学会・失敗学会では、事故事例の研究などを行い、これも一般の人向けにセミナーなども開催している。

匠習作技術士事務所代表技術士
プロフェッショナルエンジニア養成コンサルタント、医療機器業界転進コンサルタント、医工コーディネーター日本技術士会会員・日本機械学会会員・失敗学会会員、人工知能学会会員、日本医工ものづくりコモンズ会員、日本シャーロックホームズクラブ会員、放送大学大学院在学中

『講師匠習作の技術士応援ブログ』は、通勤講座受講者様へお送りしたメールマガジンの内容をウェブ用に一部抜粋・編集して掲載しております。