ファイナンシャル・プランナー(FP)を独学で勉強しても合格する?

FP(ファイナンシャル・プランナー)は独学でも合格できるのか?受験志望者なら誰もが1度は考えることかもしれません。FP2級・3級とも勉強方法と学習計画次第では、独学合格も不可能ではありませんが、デメリットや他の勉強法と比べて不利な点も存在します。独学でFP試験に挑む場合はどんな点に注意すべきか、以下にまとめましたので参考にしてください。

ファイナンシャル・プランナー(FP)を独学で勉強しても合格できますか?
FP2級・3級とも勉強方法と学習計画次第では、独学合格も不可能ではありませんが、デメリットや他の勉強法と比べて不利な点も存在します。独学でFP試験に挑む場合はどんな点に注意すべきか、以下にまとめましたので参考にしてください。


FP試験は・・

FP試験は司法試験や税理士などの大型国家資格に比べれば簡単な部類に入る資格です。したがって、ある程度の前提知識があれば独学でも合格を狙える資格と言えます。

ただし、独学(市販のテキストや問題集で勉強)は、いつでも始められ、かつ費用もそれほどかからないという面ではメリットがありますが、一方で独学ならではのデメリットもありますので、その両面を比較して自分に合った勉強法を選択することが重要です。


FP試験は法改正情報が大切

FP試験に臨む際、まず押さえておきたいのが法改正対策です。FP試験は、試験日によって「いつ時点の法令で試験を行うか(法令基準日)」が決められています。

試験日 法令基準日
5月試験 前年の10月1日
9月試験 当年の4月1日
1月試験 前年の10月1日


改正された法律の内容は、試験に出題される可能性が高いため、常に法改正に関する情報を入手する必要があります。

また、法改正によってテキストや問題集の内容も変更を余儀なくされます。市販のテキストでは、改訂が年に1度であることが多いので、どの時点の法令で書かれているテキストなのかをよく確認してから購入しましょう。


独学の注意点

FP試験は独学でもある程度対応が可能です。3級と2級では出題範囲も難易度も異なりますが、ともにきちんと勉強計画を立て、効率的かつ集中的に学習すれば、独学での合格も不可能ではないでしょう。

ただし、注意点もあります。上記でご紹介した通り、FPの試験はたびたび行われる法改正にうまく適応することが合格の大きなポイントと言えます。独学では、法改正に関する最新情報も自力でリサーチしなければならず、情報が入手しやすい通信講座やスクールよりこの点で不利な面は否めません。

もう一つ効率的に学習するための注意点があります。

通信講座やスクールで提供される教材や講義は、過去の出題傾向を分析して、「合格できる」教材になっていることが多いです。完全に独学の場合、どこがよく出るのか?または、どこは出ないのか?ということが分からないことが多く、ちゃんと合格しようとすると、保険をかける意味で必要以上に勉強範囲を広げてしまいがちです。そういう意味では、多少のお金を払ってでもその辺の手間を削減するというのも上手な勉強法の一つと言えます。

独学で勉強をはじめる場合は、試験情報や独学スタイルのリスクを踏まえたうえで、自分に合った勉強法を判断してください。


FP2級・3級の合格率

FP試験の勉強を独学でやり抜けるかどうか、判断のひとつの目安となるのが合格率です。FP2級・3級試験(学科・実技同時受験)の合格率を下記の表にまとめてみましたので、参考にしてください。なお、以下の合格率は、日本FP協会と金融財政事情研究会の試験結果を総合した数値です。

FP2級の合格率(総合編)

試験日 学科試験 実技試験
2018年5月 33.52% 38.60%
2018年1月 34.42% 45.08%
2017年9月 36.35% 51.54%
2017年5月 30.48% 40.33%
2017年1月 28.78% 49.65%

(日本FP協会、金融財政事情研究会発表資料よりKIYOラーニング作成)

FP3級の合格率(総合編)

試験日 学科試験 実技試験
2018年5月 66.83% 68.08%
2018年1月 71.48% 69.59%
2017年9月 75.07% 76.45%
2017年5月 64.97% 63.15%
2017年1月 60.75% 71.71%

(日本FP協会、金融財政事情研究会発表資料よりKIYOラーニング作成)

同時受験者の合格率

実は、FP試験ではほとんどの人が学科試験と実技試験を同時に受験します。日本FP協会では同時受験者の合格率も発表していますので、これも見てみましょう。

2017年1月 2017年5月 2017年9月 2018年1月 2018年5月
FP2級 39.36% 36.07% 44.01% 42.16% 39.55%
FP3級 67.79% 72.04% 74.35% 79.75% 79.11%

(日本FP協会発表資料よりKIYOラーニング作成)

これによると、学科と実技を同時に受験した人の合格率は、2級が40%前後、3級が70%前後とみればよいでしょう。

3級は出題範囲も限られる上に内容も簡単ですので初学者でも比較的勉強しやすいものの、2級となるとレベルが少し上がり簡単に合格できるというわけではありません。

3級は独学で一発合格できたとしても、その感覚で2級に挑んでしまうと足元をすくわれる可能性があります。3級は3級、2級は2級で個別に試験対策を立てることが必要なのは言うまでもありません。

★FP試験の詳しい合格率データはこちら


監修 松原 明壱(まつばら ひろかず)

CFP®、1級FP技能士
1980年生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業。
予備校勤務・塾講師を経て、大手通信教育会社にて10年間FP講師を務める。
これまでにFP試験合格者を多数輩出。会計・税務・株式投資の分野にも精通。
常に初学者と同じ目線で考え、問題解決することを心掛けている。

FP試験合格への第一歩!

通勤講座は、いますぐ無料でお試しできます。

無料動画講座

【FPの魅力と着実に合格する4つのポイント】
FP試験に短期合格するための方法を解説した動画講座です。
FP試験の特徴を分析した攻略法をお伝えします!
【過去問分析-詳細版(3級/2級)】<日本FP協会・きんざい>
学科・実技の出題傾向と対策を科目ごとに徹底分析した冊子です。
ムダなく効率的に学習するための第一歩として最適です!

無料動画講座

【2級合格コース】【3級合格コース】(動画/音声講座)
基本講座初回版「1-1FPとライフプランニング」
動画/音声講座、テキスト、通勤問題集、セレクト過去問題集、実技試験対策講座、要点まとめシート(暗記ツール)付き!
実技試験の傾向と対策(日本FP協会・きんざい)冊子が付いてます!

無料講座と無料セミナーを試してみる