不動産-不動産の登記
2017年1月学科第41問

ピックアップ過去問解説

問題

 不動産の登記に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。


  1. 戸建て住宅およびその敷地の登記記録は、建物とその敷地を一体として、一の登記記録にまとめられている。
  2. 不動産の登記記録は、その不動産が所在する市町村および特別区に備えられる。
  3. だれでも、登記官に対し、手数料を納付して、登記事項証明書の交付を請求することができる。
  4. 登記の記載事項を信頼して不動産を取得した者は、記載されていた登記名義人が真実の権利者ではなかった場合でも、原則として、その不動産に対する権利が認められる。


解答・解説

解答:3

不動産から、不動産登記に関する問題です。

不動産登記制度は、不動産の状況や権利関係を誰でも確認できる状況にすることで、不動産の取引の安全と円滑を図ることを目的としています。

登記とは、法に定められた一定の事柄を帳簿や台帳に記載することをいいます。不動産の登記には、表示に関する登記と権利に関する登記があります。

登記内容が記録される帳簿のことを登記簿といいます。登記簿は、磁気ディスク等で管理されており、誰でも請求によって、登記事項証明書や登記事項要約書を取得することができます。登記事項証明書とは、登記記録の全部または一部を証明する書面のことです。一方、登記事項要約書とは、登記記録に記録されている事項の概要を記載した書面のことです。なお、登記事項要約書は、閲覧用のため、登記事項証明書と違い、証明力はありません。

【不動産登記の効力】

・対抗力が生じる

対抗力とは、自分の権利を第三者に対して主張することができる法的効力のことをいいます。

・登記は先に登記したものが優先される

例えば、Aさんが所有する土地について、BさんとCさんの両方と二重に売買契約した場合、BさんもCさんも買主としての地位を得たことになります。このとき、もしCさんが先に登記をしたならば、Cさんの権利が優先されることになります。

・不動産登記には公信力がない

公信力とは、登記を信じて取引をした場合、その取引が保護される効力のことをいいます。公信力がないということは、登記の内容と真実の権利関係が違っていた場合、登記通りの権利関係があると信じて取引しても、法的にその取引が保護されないということになります。


これを踏まえて、選択肢を見ていきましょう。


1)不適切

不動産登記は、一筆の土地、一棟の建物ごとに記録されています。つまり土地と建物は別々に登記されます。

ただし、マンションのような区分所有建物と呼ばれる不動産は、原則的に建物の権利と建物が建つ土地を利用する権利である敷地利用権を分離して処分することができないので、土地の権利と建物が一つの登記記録に記録されます。

2)不適切

登記記録は、その不動産が存在する地域を管轄している登記所(法務局)に備えられています。

3)適切

登記簿は、誰でも手数料を支払えば、登記事項証明書や登記事項要約書を取得することができます。

4)不適切

不動産登記には公信力がないため、登記の内容と事実が異なっていたとしても、なにも保護されません。あくまでも、現在(過去に)このように登記されているという記録です。登記記録には事実でないことを登記することはできませんが、事実が全て登記されているわけではないということです。


この問題は「適切」なものを選ぶ問題なので、選択肢3が正解となります。


※正解と解説は、試験実施日の基準で記述しています。その後の法令改正等には対応していませんのでご注意ください。



学習するには

「5‐1 不動産の調査」 不動産の権利と調査

→ 上記の講座が含まれる「FP2級合格コース」はこちらから


ピックアップ過去問一覧はこちら

おすすめコース

FP2級合格コース [2018年5月~2019年1月試験対応版](次年度更新権付)

基礎から着実に学ぶため、学科試験・実技試験のストレート合格を目指すのに最適なコースです。本コースには、学科試験向けと実技試験向けの通勤講座が含まれています。



すべてのコースを見る

過去問分析と試験対策が無料でご覧いただけます

通勤講座は、いますぐ無料でお試しできます。

無料動画講座

【基本講座無料お試し】
動画/音声講座、テキスト、通勤問題集、セレクト過去問題集、実技試験対策講座、要点まとめシート(暗記ツール)付き!
【FPの魅力と着実に合格する4つのポイント】動画解説


無料特典冊子

【FP試験過去問分析‐詳細版(3級/2級)】
【実技試験の傾向と対策(日本FP協会・きんざい)】

無料講座と無料セミナーを試してみる