相続・事業承継-不動産の相続税評価
2016年1月学科第58問

ピックアップ過去問解説

問題

 不動産の相続税評価額の引下げに関する次の記述の空欄(ア)、(イ)にあてはまる語句の組み合わせとして、最も適切なものはどれか。

自己が所有している宅地(更地・自用地)に賃貸マンションを建築して賃貸の用に供した場合、当該宅地は( ア )として評価される。
例えば、更地(自用地)としての価額が1億円の宅地に賃貸マンションを建築し、借地権割合が60%、借家権割合が30%、賃貸割合が100%とすると、当該宅地は、更地(自用地)で所有しているよりも相続税評価額が( イ )減額される。


  1. (ア)貸家建付地  (イ)1,800万円
  2. (ア)貸宅地   (イ)4,000万円
  3. (ア)貸家建付地  (イ)4,000万円
  4. (ア)貸宅地   (イ)1,800万円



解答・解説

解答:1

相続・事業承継から、宅地の評価に関する問題です。

試験対策として重要なことは、まず、宅地の基本的な評価方法を理解して、簡単な計算ができるようにしておくことです。

宅地の評価方法には、路線価方式と倍率方式の2種類の方法があります。

路線価方式は、市街地など路線価が設定されている地域での宅地評価に用いられる方式です。一方、倍率方式は、路線価が定められていない地域で用いられる方式です。

試験で問われるのは路線価方式ですので、路線価方式の評価方法をしっかり理解しておきましょう。

これを踏まえて問題を見ていきましょう。


(解説)

自己が所有している宅地(更地・自用地)に賃貸マンションを建築して賃貸の用に供した場合、当該宅地は貸家建付地として評価されます。

ア=貸家建付地

貸家建付地の相続税評価額の計算式は次の通りです。

貸家建付地の評価額=自用地評価額×(1-借地権割合×借家権割合×賃貸割合)


この問題の場合、自用地の価額が1億円、借地権割合が60%、借家権割合が30%、賃貸割合が100%なので、上記の式に代入すると、

貸家建付地の評価額=1億円×(1-60%×30%×100%)=1億円×82%=8,200万円

よって、1億円-8,200万円=1,800万円の評価減となります。

イ=1,800万円


◆学習のポイント

宅地の評価では、この問題のように、自用地以外の場合にどの種類に該当するかをしっかり理解しておく必要があります。ここでもう一度復習しておきましょう。

主なものとして、貸宅地貸家建付地定期借地権の3つがあります。


※正解と解説は、試験実施日の基準で記述しています。その後の法令改正等には対応していませんのでご注意ください。


学習するには

「6‐5 相続財産の評価」 不動産の評価

→ 上記の講座が含まれる「FP2級合格コース」はこちらから


ピックアップ過去問一覧はこちら

おすすめコース

FP2級合格コース [2018年5月~2019年1月試験対応版](次年度更新権付)

基礎から着実に学ぶため、学科試験・実技試験のストレート合格を目指すのに最適なコースです。本コースには、学科試験向けと実技試験向けの通勤講座が含まれています。



すべてのコースを見る

過去問分析と試験対策が無料でご覧いただけます

通勤講座は、いますぐ無料でお試しできます。

無料動画講座

【基本講座無料お試し】
動画/音声講座、テキスト、通勤問題集、セレクト過去問題集、実技試験対策講座、要点まとめシート(暗記ツール)付き!
【FPの魅力と着実に合格する4つのポイント】動画解説


無料特典冊子

【FP試験過去問分析‐詳細版(3級/2級)】
【実技試験の傾向と対策(日本FP協会・きんざい)】

無料講座と無料セミナーを試してみる