外務員資格を取得するべき人とは?職業やタイプを紹介

金融業界の第一線で働く人々が保有している外務員資格。専門的な知識を生かして金融商品に関するアドバイスに携わりたいなら、同資格の取得は欠かせません。今回は、外務員資格を取得すべき人の職業やタイプについてご説明します。


外務員資格の取得でできること

外務員は、金融機関において証券や株式、信用取引などの案内・勧誘活動に携わるうえで必須となる資格です。金融商品や取引業務のノウハウを熟知し、法令諸規則への理解度も高いと見なされた者に対し、日本証券業協会から金融取引業務の代理を許可されます。

外務員には一種と二種があり、一種外務員資格を取得すると「デリバティブ取引」「信用取引」を含むすべての金融商品が取り扱いの対象となります。さらに、一種外務員資格を取得すると内部管理責任者の受験資格も与えられ、各支店・各部署の監査役という重要ポストも担えるようになります。「金融取引のエキスパート」を目指すなら、外務員資格の取得は必須と言って良いでしょう。


金融パーソンは必携

証券会社や銀行に勤める銀行員なら、外務員資格はぜひとも取得しておきたいところです。金融機関で株式や投資信託などの商品勧誘を担当するのは、営業部門です。また、総合職でも金融商品に関する幅広い知識が求められるでしょう。銀行・証券会社への就職・転職活動では、同資格が有効です。金融業界での活躍を目指すならぜひ取得を検討しましょう。

金融機関によっては、外務員資格を採用条件としているところもあります。また、採用が決まって、入社までに資格の取得を義務付けるところも。いずれにせよ、金融業界の第一線で活躍を望むなら、外務員資格をはやめに取得して損はないでしょう。

パート・アルバイト、派遣社員は、昇進のチャンス

銀行・証券会社の関連会社や子会社に勤務するパート・アルバイト、または派遣社員のキャリアアップにも、外務員資格が生かせます。外務員試験の受験に特別な条件はなく、どなたでもチャレンジできます。資格は、その人の知識やスキルに加え、学習意欲、忍耐度、計画性を推し量るバロメーター。外務員資格を持っていることは、金融業界の現状や動向に関心を持ち、なおかつ多様な商品や法令規則に関して精通している証明となります。知識とやる気、金融機関で働きたいという意思をしっかり伝えることができれば、正社員登用や正規雇用の道が開かれてもおかしくはありません。

スキルアップやキャリア形成を真剣にお考えなら、外務員資格の取得をぜひ目指してください。


他業種でも、「金融商品を取り扱いたい!」という方はぜひ

金融業界未経験のビジネスパーソンが、将来のステップアップを目的に外務員資格の取得を目指す例も少なくありません。金融商品や法令に関する知識、および業界のルールなどは、時間を確保し、そのなかでみっちり学習することで習得が可能です。外務員試験の受験に年齢制限はなく、若者でも年配者でもトライできる試験です。社会人経験を多く積んでいる方こそ、それまでの業務体験で培ってきた実務スキルや経験値を生かせるでしょう。

外務員の仕事は金融商品の宣伝・販売がメインであり、職種は営業職となります。他業種でも、営業経験のある方は、そこで得たノウハウや人脈、コミュニケーションスキル、対人能力が武器となります。金融業界独特の雰囲気や習慣に対しては、業務を経験しながら理解を深めていけば問題ないでしょう。

そのほか、銀行や保険会社、証券会社のコールセンターで働くオペレーターにもおすすめです。普段の業務を通して金融用語や商品に関する知識、利率の計算方法にも理解があるだけに、外務員試験でその知識を生かせるでしょう。たとえその資格を使う機会がなくても、試験勉強で得た知識とスキル、経験は一生残る財産となります。

これから勉強を始める方は必見!外務員合格法 3つのルールを無料公開中!

試験の概要や短期合格法をわかりやすく解説します。

無料配信中の講座はこちら

  • 短期合格セミナー
    「失敗例から学ぶ着実に合格する勉強法3つのルール」
  • 通勤講座の無料体験版
    ビデオ・音声講座、テキスト、通勤問題集、五択問題演習付き
今すぐ無料セミナーと初回講座を試す