行政書士試験当日の持ち物を確認しよう

行政書士試験当日は、受験票と筆記具の持参を忘れないようにしてください。筆記具も指定がありますので、ルールを守ることが大切。今回は、行政書士試験当日に必要なものと持参が認められるもの、加えてあると便利なものについてご紹介します。

試験当日に必要なもの

行政書士試験では、当日持参すべきものがあります。規定の持ち物は必ず事前にチェックしておきましょう。


必ず持参するもの

試験当日は下記のものを持参してください。

  • 受験票
  • BもしくはHBの黒鉛筆(シャープペンシルでも可)
  • プラスチックの消しゴム

また、土足厳禁の試験場では、上履きが必要です。上履きを入れるための袋を持参してください。

試験会場はお住まいの地域ごとに会場が設けられています。こちらもはやめに会場の場所や特徴、ルールについてきちんと把握しておきましょう。

黒鉛筆とシャープペンシルが指定されているのは、これ以外で使用すると判読が困難になるからです。指定以外の筆記具の使用は自分の首を絞めるだけですので、ルール厳守で臨みましょう。


持参できるもの

試験会場内に持ち込みが認められているものは、以下のとおりです。

  • 腕時計1個
  • 鉛筆削り
  • 問題用紙に用いる蛍光ペン(複数可)

試験会場には時計がないため、腕時計は必須です。ただし、計算機能・通信機能が付いたタイプ、あるいは置き時計などは持ち込みを許されません。また、開始前にアラーム機能は解除しておくことを忘れないでください。


あると役立つもの

試験が開始されるギリギリまで復習したいという方は、大切なポイントだけを整理した要点ノートを作って持参するとよいでしょう。

参考書を何冊もバッグに入れると重くなるばかりか、短時間の勉強用として向いていません。チェックする時間は限られていますので、開いただけで重要なポイントが分かるよう簡潔にまとめたものがあると便利です。

また、試験が行われるのは11月です。肌寒くなってくる季節ですので、天候や気温次第ではコートやニット、マフラーなどがあったほうがよいかもしれません。体調を壊さないための服装を心がけてください。


受験票の交付について

試験当日必要な受験票は、試験の前の月に発送されますので、きちんと保管しておきましょう。

受験票には、受験番号のほか試験場名も記載されています。規定の会場以外で受験はできませんので、必ず確認しておきましょう。

試験を主催する「一般財団法人 行政書士試験研究センター」HPには、受験票が発送される日時が記載されています。決められた日まで受験票が届かなかったら、当センターまで連絡するようにしてください。

試験日が迫ってから慌てないためにも、余裕をもって確認するようにしましょう。


受験時の注意点

試験が開始されると、上記で挙げた黒鉛筆またはシャープペンシル、プラスチックの消しゴム、蛍光ペン、腕時計、鉛筆削り以外のものを机上に置くことは許されません。電子機器類の持ち込みがある場合は、必ず電源を切り、配布される封筒に入れてカバンに収納する必要があります。

仮に間違って電子機器類が何らかの作動を起こした場合、不正行為と見なされ退場を言いわたされることも。誤解を招くような行為はくれぐれも慎むようにしましょう。

また、試験時間中の帽子の着用は禁止です。耳栓の使用なども認められないため、必ずカバンに収納するようにしてください。腰掛け・座布団の使用もNGです。持ち込みが認められないものに関しては、間違いを起こさないためにも念入りなチェックが大切です。

行政書士 合格コース キャンペーン

短期合格者が実践する勉強法!

今なら無料で
「行政書士試験 加速学習法」
冊子プレゼント!

忙しくても効率的に
合格できるコツをわかりやすく解説します。

無料配信中の講座はこちら

  • 無料冊子
    「行政書士試験 加速学習法」
    短期合格セミナー
    「失敗例から学ぶ 着実に合格する勉強法5つのルール」
  • 通勤講座の無料体験版
    ビデオ・音声講座、テキスト、通勤問題集、セレクト過去問集、合格のための論点200 付き
今すぐ無料セミナーと初回講座を試す