講師メッセージ

すべての社会人が得るべきIT知識を体系的に学べるITパスポートは、現代のビジネスの「必修科目」です! 通勤講座でこれからの社会に活きるIT知識を効率的に楽しく学んでください!!

情報化が進み、日本の社会人全般に求められるITに関する知識やスキルは、日に日に高度になっています。ほんの数年前までは、ITを使いこなせなくても十分に仕事ができる環境があり、一方ITを使いこなす人はスペシャリストとして扱われていました。しかし、現在では、誰もがITを活用できなければならなくなっています。特に近年では、スマートフォンの普及に伴いネットワーク機器の日常生活への浸透や、「AI」「IoT」の登場といった我々人間とコンピューターやネットワークとの関わり方もより深く密接になってきています。

そのため、2009年度に「初級システムアドミニストレータ」から置き換わった「ITパスポート」の試験要綱の中では、“職業人が共通に備えておくべき情報技術に関する基礎的な知識をもち、情報技術に携わる業務に就くか、担当業務に対して情報技術を活用していこうとする者”が対象とされています。

前身の「初級システムアドミニストレータ」がビジネスにおけるユーザー側の「ITリーダーを目指す人のための資格でしたが、その対象が「社会人全てのひと」が対象に変わった点がポイントであり、これは現代の社会人にとってITの知識は必須であるということを意味しています。

この変化には、企業活動の中でIT、とりわけ業務システムを活用することが常識になった背景があります。業務システムはエンジニアのみで開発するものではなく、むしろ業務に精通したユーザーを中心に開発を進める必要があります。なぜならば、エンジニアはあくまでITの専門家であって、実際にシステムを使うのは他でもないエンジニア以外の社会人だからです。経営戦略をベースにきめ細やかな配慮に富んだシステムを取り入れて有効活用するには、業務システムのユーザーもITに精通する必要があるということです。

ITパスポートのシラバス=試験範囲には、このプロセスが存在します。経営戦略をきっかけにした事業戦略、そしてその戦略目標を達成するために必要なシステムを手に入れ活用するシステム戦略。このシステム戦略の中で、必要なシステムを把握し、エンジニアとともにシステムを導入し、その後の運用を円滑に進める。このために必要なITに関する基礎知識から、プロジェクトマネジメントやサービスマネジメントを含めてこの資格の骨組みは出来上がっています。

社会人すべての人が業務システムを活用する現在、これらの能力は誰もが手に入れるというのがITパスポートの目的であるということを理解し、そのシステム導入の旗振り役になった時のことを意識しながら学習することで、資格合格で終わらず、そこで得た知識を有効に活用して業務に活かし評価される未来が待っているとお考え下さい。

社会的にも業務に直結したシステムを活用し、安全に運用するための知識を体系的に学べるITパスポートは、今後も評価を高め続けていくことになるはずです。本講座が皆様のITパスポート合格への近道として、活用いただければ幸いです。


滝口 直樹
【ITパスポート 通勤講座 主任講師】

滝口 直樹 プロフィール

明治大学兼任講師、専門学校講師、情報処理試験・MOS対策インストラクター、Webコンサルタント、Webディレクターなど。

大学時代はITを活用した教育について研究し、当時黎明期であったeラーニングに関わる職を求め、2001年に大手資格スクールに入社。情報システム部・企画開発部にて、デジタルコンテンツ制作・eラーニングプロジェクトを担当。

2006年に独立。個人事業を開業。Webコンサルティング・Webマーケティング・Webサイト制作・IT顧問を中心に活動。

現在は、各種学校で非常勤講師の他、通信講座への出演、執筆など活動の場を教育分野に広げる。

主な著書に、
「文系女子のためのITパスポート合格テキスト&問題集」(インプレス)
「詳解ITパスポート過去問題集」(成美堂出版)
「ゼロからはじめるITパスポートの教科書」(とりい書房)など

いますぐ無料でお試しできます

通勤講座は、いますぐ無料でお試しできます。
短期合格セミナ-「失敗例から学ぶ」配信中!


無料セミナー
短期合格セミナ-
「失敗しないITパスポート合格法5つのルール」

無料特典
「頻出キーワード集(無料版)」


無料動画講座
初回講座 体験版
①「基礎理論1 情報に関する理論」
②「コンピュータシステム1 コンピュータ構成要素」
③「コンピュータシステム2 ハードウェア」
ビデオ/音声講座、テキスト(暗記ツール)
通勤問題集、セレクト過去問集付き!

無料講座と無料セミナーを試してみる