個人情報保護士認定試験の試験制度

まずは試験制度を知ろう。

個人情報保護士認定試験の概要とは

試験は、3月・6月・9月・12月の年4回実施されます。

受験申込

※財団法人全日本情報学習振興協会のウェブサイトでの合否確認となります。


受験資格

特になし


試験会場

札幌、仙台、新潟、金沢、東京、町田、横浜、宇都宮、高崎、埼玉、千葉、静岡、名古屋、岐阜、津、大阪、堺、京都、奈良、神戸、岡山、広島、高松、福岡、熊本、鹿児島、沖縄 (全国27会場)

※申込状況により、会場の変更・追加される場合がありますので、財団法人全日本情報学習振興協会でご確認ください。


受験料

10,000円(税抜き)


試験時間

通常の場合 課題I・課題II 合計150分
免除ありの場合 課題I・課題II 合計120分
※マイナンバー実務検定1級または2級の合格者は「マイナンバー法の理解(20問分)」が免除されます。

出題形式

通常の場合 課題I(個人情報保護の総論)60問(各5点)
課題II(個人情報保護の対策と情報セキュリティ)60問(各5点)

(択一問題マークシート方式)
免除ありの場合 課題I個人情報保護の総論)…40問(各5点)課題I「マイナンバー法の理解」20問を免除
課題II(個人情報保護の対策と情報セキュリティ)60問(各5点)
(択一問題マークシート方式)

合格基準

通常の場合 課題I、課題II 各80%(I:240点II:240点)合計480点以上
免除ありの場合 課題I、課題II 各80%(I:160点II:240点)合計400点以上

出題範囲

I.個人情報保護の総論
個人情報保護法の理解
  • 個人情報保護法の歴史
  • 個人情報に関連する事件・事故
  • 各種認定制度
  • 個人情報の定義と分類
  • 個人情報取扱事業者
  • 条文に対する知識と理解

マイナンバー法の理解

  • 番号法の背景・概要
  • 条文に対する知識と理解
II.個人情報保護の対策と情報セキュリティ 脅威と対策
  • 脅威と脆弱性に対する理解

組織的・人的セキュリティ

  • 組織体制の整備
  • 人的管理の実務知識

オフィスセキュリティ

  • 物理的管理の実務知

情報システムセキュリティ

  • 技術的管理の実務知識

試験の詳細は、財団法人全日本情報学習振興協会をご参照ください。

いますぐ無料でお試しできます

通勤講座は、いますぐ無料でお試しできます。
現在、短期合格セミナー「忙しくても個人情報保護士に短期合格する勉強法配信中!

短期合格セミナー

「忙しくても個人情報保護士に短期合格する勉強法」


無料動画講座

基本講座初回版「個人情報保護法の理解」
ビデオ/音声講座、テキスト、通勤問題集、セレクト過去問集付き!

無料講座と無料セミナーを試してみる