危険物取扱者 乙4が必要な職種は?

危険物取扱者の乙4種を必要とする職場は、ガソリンスタンドや石油会社の倉庫、石油運搬企業などが挙げられます。これらの求人欄を見ると、その多くが「乙4種歓迎」または「乙4種必須」など、引火性液体を対象とする危険物取扱資格を持つ人材を求めていることが分かります。
今回は、乙4種の特徴と、その資格で働ける職場や職種についてご紹介します。

乙4種の特徴

数種類ある危険物取扱者のなかでも、とりわけ人気が高いのが乙4種。この資格試験に多くの受験者が集まる理由は、そのスキルと知識を求める企業が多いところにあります。

乙4種で取り扱える危険物は、ガソリン・灯油・軽油・重油などの引火性液体です。これらの危険物を製造・貯蔵・管理・活用する業務に直接携わるには、危険物取扱者乙4種の資格が必要です。

取り扱える危険物の種類に応じて住み分けがなされる危険物取扱者資格も、乙4種を取得すれば全危険物の大半をカバーできます。その意味でも、ガソリンスタンドや化学系メーカーで就職を希望する方は取得しておきたい資格です。


乙4種が必要となる仕事は?

乙4種を採用の条件としている職種・業種は少なくありません。以下は、乙4種が必須、もしくいはあると望ましい職業です。

ガソリンスタンド

乙種4類の需要が高い職場の代表と言えば、ガソリンスタンドです。軽油や重油、灯油などを貯蔵・管理する職場だけに、危険物取扱者乙種4類の資格があると歓迎されます。

ガソリンスタンドと言っても業務内容は接客・案内・洗車・給油と幅広く、必ずしも危険物の取り扱いだけではありません。しかし、その資格を保有することで、職場における信頼度は高まり、昇進・昇給などのチャンスも広がるでしょう。

タンクローリーのドライバー

運転そのものは自動車免許があればできるタンクローリーも、燃料となる液体を工場やスタンド、各種工場に運搬する業務のため、危険物取扱者乙種4類が必要となります。

石油は重要な燃料エネルギーであると同時に、さまざまな製品の原料として使われます。そのような重要な液体を各所へ運搬するタンクローリードライバーの役割は小さくありません。専門職だけに給与も安定しています。

石油会社

石油を製造・管理する会社では、引火性液体を取り扱える乙種4類保有者は重要な役割を担います。石油を貯蔵・管理する構内作業では、専門知識を有する担当者が責任を持って業務を担います。乙種4類の資格があれば、採用される確率は低くないでしょう。

化学系メーカー

総合化学メーカー、電子材料メーカー、誘導品メーカーなど、化学産業において乙4種の資格は役立ちます。日本は古くから化学産業が盛んであり、国内製造業でもトップクラスのシェアを占め、重要な基幹産業のひとつに位置づけられています。

名だたる大企業も多数あり、その下には多くの関連子会社が控えています。乙種4類の資格を取れば、化学メーカーでの就職・転職も有位に働くでしょう。

参考: 危険物製造所とは?どんな施設がある?


乙4取得で有利になること

乙種4類を持つことで、昇給や昇進、正社員登用のチャンスが広がります。

正社員登用の可能性が広がる

最初はパート・アルバイトからのスタートでも、乙種4類の資格を持つと重要なポジションも任されるようになり、業務量や仕事の役割に応じて正社員への昇格も期待できるでしょう。

ガソリンスタンドで働く従業員なら、昇給や手当アップの話がもち上がり、仕事のモチベーションも高まるでしょう。

周囲の評価と信頼が高まる

資格は高い技量と豊富な知識を持っていることの証明になります。乙4種の資格がある従業員に対しては、無資格では任せられない重要業務を頼まれ、おのずと周囲からの信頼と評価も高まるでしょう。

職場から頼りにされることで、より責任感をもって業務に取り組むことができます。


危険物取扱者の短期合格法を目指す方必見!危険物 短期合格の必勝法を無料公開中!

試験の概要や短期合格の秘訣をわかりやすく解説します。

無料配信中の講座はこちら

  • 短期合格セミナー
    短期合格セミナー
    「危険物取扱者 短期合格必勝法」
  • 通勤講座の無料体験版
    通勤講座の無料体験版
    ビデオ・音声講座、テキスト、通勤問題集、法令暗記ツールサンプル版付き
今すぐ無料セミナーと無料講座を試す