中小企業診断士の収入・年収はどれくらい?

中小企業診断士の収入や年収はどのくらい貰えるのでしょうか?
中小企業診断士と一口に言っても独立されている方や社内診断士など、色々な属性が考えられます。
診断士の収入に関するアンケート結果とそこから考えられることを見ていきましょう。


データから見る中小企業診断士の年収

回答数

構成比(%)

300万円以内

65

12.2

301~400万円以内

47

8.8

401~500万円以内

55

10.3

501~800万円以内

106

19.9

801~1,000万円以内

58

10.9

1,001~1,500万円以内

87

16.3

1,501~2,000万円以内

40

7.5

2,001~2,500万円以内

22

4.1

2,501~3,000万円以内

10

1.9

3,001万円以上

32

6.0

無回答

12

2.2

合計

534

100.0

この区分で見ると、「501~800万円」が最も構成比が高くなっており、次は「1,001~1,500万円」となっています。これは年間売上のデータですので、厳密に言えば年収とは異なりますが、コンサルタント業務はあまり原価がかかりませんので、このデータは年収に近いものと考えられます。ただし、スタッフを雇用してコンサルティング会社として運営している売上が含まれている場合などは、売上と年収はかなり異なってくるでしょう。

データから考えられること

データを見てみると、800万円以内の構成比を合計すると51.2%となりますので、800万円以内が約半数、800万円超が約半数と言えます。1,000万円超で絞っても3割以上いますので、高い収入を得ている人が相当の割合でいます。これを見ると、「診断士は儲かる資格だな」と思われるかもしれません。実際に中小企業診断士として稼いでいる方はたくさんいます。

ただし、このデータは年間のコンサルティング業務が100日以上の人を対象として集計されたものです。そのため、独立して診断士として活動している人ばかりでなく、企業内で金融機関やコンサルティング会社に勤めている人なども入っていると思われます。金融機関の管理職やコンサルティング会社のマネージャークラスともなれば、800万もしくは1,000万円以上の収入の方も多いでしょう。

また、診断士資格だけではなく、公認会計士や税理士などの資格も持っているダブルライセンスの人もいますので、高収入の人たちの中には監査法人に勤めていたり会計事務所を経営していたりする人もいるかもしれません。

一方で、年間売上が300万円以下の層も一定の割合でいます。この中にもいろいろな人が含まれているでしょうが、定年後に公的機関の窓口相談業務を100日程度行っている、自分のペースで週何日か働いている、というケースが多いのではないかと推測されます。

診断士として独立している人も一様ではなく、さまざまな業務を行っています。行政機関や商工会議所などの公的機関の仕事がメインの人、民間のコンサルティングがメインの人、企業研修を多く行っている人など。また、一言でコンサルティングと言っても、起業・創業もあれば成長支援、事業再生もあります。分野で見ても、マーケティング、人事、IT、生産など、専門分野は多様です。独占業務のある税理士や社会保険労務士でも収入は人によって異なりますが、さまざまな分野で活動している中小企業診断士の場合は収入にも一層広がりがあるようです。診断士を取得したから収入が確保されるものではありませんが、自分次第で高収入を目指すこともできる資格と言えるでしょう。


NEXT 中小企業診断士と同時並行で目指せる資格


PREV 中小企業診断士の収入・年収はどれくらい?

監修 市岡 久典

中小企業診断士
ITコンサルタントとして働きながら、中小企業診断士試験に合格。 その後、ベンチャー企業の経営企画部門の責任者を経て独立。現在は独立診断士として、中小企業診断士講座講師、創業支援、事業計画策定、資金調達、 経営管理、事業再生など、幅広い分野で中小企業のコンサルティングを行う。

勉強で苦労する前に読んでおきたい
今なら無料で
「中小企業診断士 加速合格法」
冊子プレゼント!

1次2次ストレート合格の秘訣を大公開。

無料配信中の講座はこちら

  • 無料冊子
    冊子「中小企業診断士 加速合格法」
    短期間で合格するための方法を解説した冊子(電子版)です。
  • 無料動画講座
    基本講座初回盤「1-1経営と戦略の全体像」 ビデオ/音声講座、テキスト、実戦フォローアップ講座、通勤問題集、過去問セレクト講座、2次対策講座付き!
合格法冊子と通勤講座を無料で試してみる

関連記事