中小企業診断士とは

唯一の経営コンサルタントの国家資格

中小企業診断士とは?

中小企業診断士は、経営コンサルタントとしての唯一の国家資格です。中小企業診断士は企業をさまざまな面から診断し、適切なアドバイスが出来る人を認定する資格です。 最近では、日本版のMBA(経営学修士)とも言われており、マネジメントスキルを身につけてキャリアアップしたい人々から大変人気のある資格となっています。


資格を取るとどんな良いことがあるの?

中小企業診断士資格を取ることで、経営全体を幅広く診断し解決策を立案できる能力が身につきます。厳しい経営環境の中、企業は専門知識だけでなく様々な経営課題を解決してくれる人を求めるようになっています。中小企業診断士は、こういった企業の人材ニーズにマッチするため、様々な場面で活躍が期待されています。経営コンサルタントとして独立したい方だけでなく、企業の中でキャリアアップしたい人や、よりマネジメント的な仕事にキャリアチェンジしたい人に有効です。

どんな活躍シーンがあるの?

独立コンサルタント


経営コンサルタントとして独立する人です。通常は1つ以上の専門分野を持っています。例えば、人事に詳しい、営業の改善が得意などの強みを持っていると有利です。独立するためには、中小企業診断士の知識に加えて、ご自身の得意分野や経験を磨いていくと良いでしょう。

コンサルティング会社に所属するコンサルタント


経営コンサルティング会社などに所属するコンサルタントです。中小企業診断士で学んだ診断・助言能力を活用して経営課題の解決をしていくことができます。



企業内でコンサルティング能力を生かす


最近では、企業内でもコンサルティング能力があると有利な仕事が増えています。

・営業コンサルティング営業により顧客の課題を解決する。
・マーケティング 顧客や競合を分析しマーケティング戦略を策定する。
・経営スタッフ 企業内外の状況を分析し企業戦略を策定する。
・IT部 経営戦略を左右するIT戦略を策定し実行する。

これら以外の職種でも、現代の仕事では課題を解決するコンサルティング能力が重要になってきており、中小企業診断士の活躍の場面が広がっています。


独立起業・新規事業開発


コンサルタントとして独立するだけでなく、会社を起業したり、社内起業として新規事業開発をするためにも中小企業診断士のスキルは役立ちます。中小企業診断士では、経営戦略、人事、マーケティング、会計、販売、生産、法律、など経営に関する幅広いテーマを学びます。これらの知識は事業を立ち上げる際に必須なものです。これにより起業や新規事業が成功する可能性が高まります。


中小企業でしか活用できないの?

全くそんなことはありません。中小企業支援法に基づいて資格が制定されたことからこのような名称となっていますが、中小企業診断士資格で扱う内容は、経営全般に関する知識・能力ですので、大企業であっても活用できます。

何故いま中小企業診断士が人気なのか?

理由は色々考えられますが、中小企業診断士資格は、社会人が働きながら取得できる資格の中では、最上位にランクされているため、取得すると自分自身の価値が高まります。

次に、中小企業診断士資格は、「企業内で活用しやすい」、という理由があります。TOEICや簿記など他の人気資格を見ても、「士業として独立」というより、取得してすぐ企業内でメリットが出るものが多いことが分かります。

さらに、中小企業診断士資格は、「コンサルティング会社に転職」「コンサルタントとして独立」など、資格を取得した後の活用シーンが豊富であることも人気の理由でしょう。まとめると、ステータスが高い、取得するとすぐに企業内で活用できる、将来的には「転職」「独立」など豊富な活用シーンがあることが、幅広いビジネスパーソンから人気を集めている理由なのではないかと思われます。


参考記事:中小企業診断士は人気がある


中小企業診断士の試験制度

まずは試験制度を知ろう

中小企業診断士の試験では、選択式試験である1次試験を受験し合格した後、筆記試験である2次試験を受験します。1次、2次試験ともに、全科目の平均が60点以上で、かつ40点未満の科目が無ければ合格となります。

2次筆記試験に合格すると口述試験(面接)がありますが、口述試験は近年はほぼ全員が合格しています。 口述試験に合格すると、試験は終了です。あとは、実務補習という実習を終了すれば中小企業診断士として正式に登録できます。




中小企業診断士試験の試験日程

中小企業診断士試験は、例年1次試験が8月上旬の土・日の2日間、2次試験(筆記)が10月中旬の日曜日、2次試験(口述)が12月中旬の日曜日に実施されています。参考までに2018年度の試験日程は下記となります。

平成30年度中小企業診断士試験の主な日程

第1次試験

試験案内配布・申込受付期間 平成30年5月2日(水)~5月31日(木)

試験日 平成30年8月4日(土)・5日(日)
合格発表 平成30年9月4日(火)
実施地区 札幌・仙台・東京・名古屋・大阪・広島・福岡・那覇の8地区

第2次試験

試験案内配布・申込受付期間 平成30年8月24日(金)~9月18日(火)

筆記試験日 平成30年10月21日(日)
筆記試験合格発表 平成30年12月7日(金)
口述試験日 平成30年12月16日(日)
合格発表 平成30年12月25日(火)
実施地区 札幌・仙台・東京・名古屋・大阪・広島・福岡の7地区

詳細は「一般社団法人 中小企業診断協会」のWebサイト(※1)をご覧ください。

  • 関連記事:中小企業診断士 2次試験の科目と合格基準について
  • 関連記事:2次口述試験について

  • 中小企業診断士試験の試験科目は?


    1次試験の試験科目

    1次試験は毎年8月上旬の土日2日間をかけて、7科目の試験が実施されます。

    試験科目

    実施時間

    1日目

    A.経済学・経済政策

    09:50~10:50(60分)

    B.財務・会計

    11:30~12:30(60分)

    C.企業経営理論

    13:30~15:00(90分)

    D.運営管理

    15:40~17:10(90分)

    2日目

    E.経営法務

    09:50~10:50(60分)

    F.経営情報システム

    11:30~12:30(60分)

    G.中小企業経営・政策

    13:30~15:00(90分)



    2次試験の試験科目

    2次試験は毎年10月下旬の日曜日に実施されます。中小企業の診断および助言に関する実務の事例について、4つの事例が出題されます。

    試験科目

    実施時間

    A. 中小企業の診断及び助言に関する実務の事例 I

    9:40~11:00(80分)

    B. 中小企業の診断及び助言に関する実務の事例 Ⅱ

    11:40~13:00(80分)

    C. 中小企業の診断及び助言に関する実務の事例Ⅲ

    14:00~15:20(80分)

    D. 中小企業の診断及び助言に関する実務の事例Ⅳ

    16:00~17:20(80分)


    それぞれの事例について、与件文として中小企業の状況や課題などが提示されます。与件文は2,000~3,000文字程度です。事例Ⅳは財務諸表なども提示されますので、与件文は短く1,000文字程度です。

    そして、各事例で5問程度の問題が出題されます。各問題は解答の文字数制限が設けられていることが多く、短ければ20字程度から長ければ200字程度です。事例Ⅳは計算問題が多く出題されます。



    中小企業診断士の合格基準

    1次試験の合格基準について

    ① 総点数の 60% 以上
    ② 1科目でも満点の 40% 未満のないこと


    ポイントは、必ずしも全ての科目で 60% 以上を取らなくても良いことです。1科目が 50点だったとしても、他の科目で不足分の 10点を補っていれば良いのです。7科目全て受験する場合には、合計得点 420点が合格基準になります。同時に、1科目でも 40点未満があってはいけないことに注意しまょう。

    2次筆記試験の合格基準について

    ① 総点数の 60% 以上
    ② 1科目でも満点の 40% 未満のないこと


    2次試験の筆記試験の合格基準については、総点数の60%以上でかつ1科目でも40%未満のものがないことです。試験結果については、合格者には口述試験の案内が送られてきます。不合格者には、各自の総得点と科目別得点を数段階に区分した結果が通知されます。この得点の区分は、AからDまであり、A判定が60%以上、B判定は50%~60%、C判定は40%~50%、D判定は40%未満とされているようです。そのため、1科目でもD判定があると不合格になり、合格には総得点でA判定を得る必要があります。




    中小企業診断士の1次試験の科目合格制度について

    科目免除の効果

    1次試験には科目合格制度があります。科目合格の場合は、翌年度と翌々年度の1次試験を受験する際、申請により当該科目が免除されます。免除申請をしないと、科目免除になりません(受験対象科目となる)ので注意が必要です

    科目免除した場合の合格基準

    科目免除をした場合、1次試験合格のためには、受験した科目のなかで、上記の合格基準①が適用されます。例えば3科目を科目免除した場合は、残りの4科目を受験することになりますが、4科目の総得点(400点)の60%(240点)以上であって、かつ1科目でも満点の40%(40点)未満のないことが求められます。


    中小企業診断士2次口述試験について

    2次筆記試験を突破した人だけが受験できる口述試験ですが、受験者のほぼ全員が合格する試験です。
    落とすための試験ではありませんので、準備をしっかりして、受験生活の総まとめをキッチリと行いましょう。

    口述試験の内容

    口述試験は、1人10分程度行われます。数名の面接官を前に、受験生は1人で対応します。題材となるのは筆記試験の事例で、いくつかの質問が投げかけられます。ほぼ全員が合格する試験とは言え、決して手を抜いて良いわけではありません。この口述試験の後には、中小企業診断士になるための実務補習/実務従事が控えています。筆記試験は、いわば紙面上でのコンサルティング体験でした。口述試験は実務補習/実務従事への準備として、経営者との面接体験と言えるでしょう。


    中小企業診断士試験の難易度は?

    合格率から見る難易度

    試験の難易度を測るには、さまざまな視点があります。はじめに、最も分かりやすい難易度から見てみます。平成21年度以降の1次試験と2次試験の合格率は、以下のように推移しています。また、1次試験、2次試験の合格率を掛け合わせたものを試験合格率として算出しています。

    1次試験合格率

    (A)

    2次試験合格率

    (B)

    試験合格率

    (A×B)

    平成21年度

    24.1%

    17.8%

    4.3%

    平成22年度

    15.9%

    19.5%

    3.1%

    平成23年度

    16.4%

    19.7%

    3.2%

    平成24年度

    23.5%

    25.0%

    5.8%

    平成25年度

    21.7%

    18.5%

    4.0%

    平成26年度

    23.2%

    24.3%

    5.6%

    平成27年度
    26% 19.1% 4.9%
    平成28年度
    17.7% 19.2% 3.3%
    平成29年度
    21.7% 19.4% 4.2%

    平均

    20.80%

    20.80%

    4.33%

    (中小企業診断協会発表の試験統計資料よりKIYOラーニング作成)

    年度によりバラツキがあるものの、1次試験、2次試験ともに20%前後の合格率です。全体の試験合格率としては4%を少し超えるくらいです。

    試験の難易度を測るには、さまざまな視点があります。はじめに、最も分かりやすい難易度から見てみます。平成21年度以降の1次試験と2次試験の合格率は、以下のように推移しています。また、1次試験、2次試験の合格率を掛け合わせたものを試験合格率として算出しています。



    短期間で合格するポイント

    中小企業診断士は、短期間で合格する人と、なかなか合格できない人と差がつきやすい試験です。 なぜ差が出るのかというと、中小企業診断士は他の資格に比べて非常に試験範囲が広いということが原因の一つとなっています。つまり詳しく勉強すると相当時間を掛けても終わらないのです。 一方で6割正解すれば合格する試験なので、力を入れる部分と抜く部分を明確にして、効果的に勉強することが重要です。 また、仕事をしながら学習するためには、通勤の時間などのすきま時間をうまく活用して学習した人が短期間で合格できるのです。

    ★無料動画で短期合格のコツを学ぶ


もっと知りたい中小企業診断士

資格を取るには

資格合格後


いますぐ無料でお試しできます

通勤講座は、いますぐ無料でお試しできます。
現在、冊子「中小企業診断士 加速合格法」無料でプレゼント中!

無料動画講座

基本講座初回盤「1-1経営と戦略の全体像」
ビデオ/音声講座、テキスト、実戦フォローアップ講座、通勤問題集、過去問セレクト講座、2次対策講座付き!


無料冊子

冊子「中小企業診断士 加速合格法」
試験勉強で苦労する前に読んでおきたい、短期間で合格するための方法を解説した冊子(電子版)です。

合格法冊子と通勤講座を無料で試してみる