司法書士試験に短期間で合格するポイント

司法書士試験は、法律系資格のなかで合格率も毎年3%前後と、非常に難易度の高い試験と言えます。

難易度の高さは、試験科目が多く、各科目について細かな知識が求められるというのが大きな要因でもあります。そのため、試験範囲が終わらないまま受験を迎えてしまうケース、幅広い範囲と細かな知識をどのように進めていくべきか、学習方法が定まらないまま試験を迎えてしまうケースや、ひとつの科目の細かな知識を深堀し過ぎた結果、途中であきらめてしまうということもあるようです。これらが、受験生の多くを3%前後の枠の中に入ることを困難にしているのです

しかし、一方で、特別な能力がなくても、やるべきことをしっかりやりさえすれば、短期間で受かることも不可能ではない試験であるといわれています。では、どのように「やるべきこと」を「しっかり」やっていけばいいのでしょうか。

「司法書士」に短期間で効率的に学習し、合格するためのポイントは、以下の4点です。


1.司法書士試験を知り、効率よく合格できる学習戦略を立てること

試験を知り、力を入れる部分と抜く部分を明確にした学習戦略を立て、それに沿って学習を実行することです。特に、特定の科目の細かな知識だけを追ってしまわないようにしましょう。 合格点を取るためには、各科目について基本的な部分、過去問で頻繁に出題される部分を中心に学習して、苦手をなくする勉強法をとりましょう。

2.出題を意識した学習をすること

どの試験でもいえることですが、ただインプットだけを行っても、合格は近づいてきません。問題を解く練習をしなければ、合格力を身につけていくことはできないのです。どのように出題されているかを知ることにより、その後の知識の吸収をアップしていくことができます。

また、すべてインプットで知識を身につけるのではなく、アウトプットをすることで解説などから知識を身につけられることも意識して学習していきましょう。問題にあたることにより、気がつけることもあります。アウトプットを重視し、どれだけ出題を意識して学習できるかが短期合格の鍵といえます。


3.効率的な学習方法・学習ツールを使うこと

どのような学習ツールを使ってどのように学習するかが学習の効率=時間を大きく左右します。テキストを読んでいるだけではなかなか頭に入りませんが、全ての内容をノートにまとめるとなると膨大な時間がかかるため、どのような学習ツールを使って勉強するかはとても重要なポイントです。
知識のインプットは、目や耳などの感覚から同時に行うと効率的です。また、何度もくり返し復習することで知識が定着します。


4.やめないで学習を続けること

最も重要なのは始めた勉強をやめないことです。無理な計画は長続きしません。そのためには、日々の生活の中に無理なく学習を組み込むことです。特に、通勤時間などの「スキマ時間」をうまく活用することがポイントです。


このような、短期間で合格するポイントがあらかじめ全て組み込まれているのが「司法書士 通勤講座」なのです。


科目別の勉強方法は?

★アウトプット重視の勉強方法が合格への近道!通勤講座で効率的な勉強方法を試してみる!

今すぐお試しできます!無料セミナー・無料講座を試す

通勤講座は今すぐ無料で受講できます。
まずはお試しください!

無料配信中の講座はこちら

  • 無料セミナー
    「失敗例から学ぶ 着実に合格する勉強法5つのルール」
    「記述式が苦手な方のための記述式攻略法」
    「司法書士試験リベンジ合格法」
    「平成30年度 司法書士試験講評と次年度対策」
  • 司法書士 通勤講座の初回版
    ビデオ・音声講座、テキスト、要点暗記ツール、通勤問題集、セレクト過去問講座、記述式雛形暗記ツール
    無料プレゼント<過去問1年分>
    平成30年度 択一過去問集 NEW

※無料講座の内容は予告なく変更される場合があります。あらかじめご了承ください。

無料講座と無料セミナーを試してみる