学習スタイル

机で勉強する時間がなくても学べます

通勤講座は、机に座らなくても勉強できる、新しい学習スタイルの講座です。従来の資格講座とは異なり、忙しい方でもスキマ時間を活用して学習できます。

ここでは、通勤講座の音声・テキストを活用し、スキマ時間をうまく使って学習されている方々の様々な学習スタイルの具体例をご紹介します。

これらの例を参考にして、ご自身に最適な学習スタイルを見つけていきましょう。毎日の生活・仕事の中に、ムリなく勉強を組み込むことが合格の秘訣です。



学習スタイル


電車通勤で

かなかまとまった勉強時間が取れない方でも、通勤や移行時間を有効活用して勉強することが可能です。

  • 通勤時間や移動時間に、スマートフォンでビデオ講座を視聴してインプット学習
  • スマートフォンを使って、セレクト過去問講座でアウトプット練習

ムリなく続けられるポイント

普段スマートフォンを持ち歩いている方は、スキマ時間にスマートフォンで勉強するのが便利です。通勤時間中や、昼休み、客先への移動時間など、スキマ時間にスマートフォンで通勤講座受講することでインプット学習が進みます。

インプット学習の後は、スマートフォンで通勤問題集、セレクト過去問講座を解きます。これにより、試験に合格する実力をつけることができます。

機器の活用

スマートフォンを使えば、音声講座を聞いたり、テキストを見ることができ、インプット学習を効率よく進められます。

さらに、セレクト過去問講座では、画面上で問題練習ができ、間違った問題を繰り返し解くことで実力をつけられます。

ある日の学習スケジュール
時間 勉強通勤中に、スマートフォンで、音声講座を聞いて学習。1講座の講義と通勤問題集が終了。 勉強時間:1時間
9:00〜 仕事
12:00 勉強昼休みに、スマートフォンでテキストを見て知識を整理。 勉強時間:30分
13:00〜 仕事
16:30 勉強移動時間に、スマートフォンで2倍速のビデオ講座を視聴して復習。30分で復習が完了。 勉強時間:30分
17:00〜 客先打ち合わせ
19:00 勉強帰りの電車で、スマートフォンで、過去問練習。 勉強時間:1時間
20:00〜 夕食・休憩
22:00 勉強自宅で、スマートフォンでもう一度過去問練習。復習モードで間違った問題を繰り返し覚える。 勉強時間:1時間

細切れ時間を有効活用する学習スタイルで、勉強時間を4時間確保!

電車通勤で(長距離通勤の場合)

混雑する電車で片道1時間以上かけて通勤。電車で座席に座れないことも多いため、これまでは通勤時間は勉強に活用できていませんでした。

  • 通勤時間に、携帯音楽プレーヤーで音声講座でインプット学習
  • 自宅のパソコンで、セレクト過去問講座を使ってアウトプット練習
  • さらに、仕事の移動時間に記述式雛形問題集で重要雛形をマスター

ムリなく続けるためのポイント

混雑する通勤電車で通勤している方には、携帯音楽プレーヤーで音声講座を聞く勉強法が便利です。携帯音楽プレーヤーであれば、スマートフォンや冊子を目の前に出さなくても学習できます。

自宅に帰った後は、パソコンの大きな画面で勉強を進めるのが効果的です。テキストを読んで復習し、セレクト過去問講座でアウトプット練習をすると実力がアップします。

さらに、記述式雛形問題集を使えば、移動時間などのちょっとしたスキマ時間で重要雛形をマスターすることができます。

機器の活用

携帯音楽プレーヤーを使えば、混雑する電車でも音声講座を聞くことができます。慣れてきたら、音声講座の2倍速版を聞けば、半分の時間で復習できます。

パソコンでは、通勤講座のすべての機能を利用できます。音声講座でインプットした後に、通勤問題集、セレクト過去問講座、記述式雛形問題集で問題練習を行い、間違った問題を繰り返し解くことで実力をつけられます。

ある日の学習スケジュール
時間 勉強通勤中に、スマートフォンで、音声講座を聞いて学習。1講座の講義とチェックテストが終了。 勉強時間:1時間
9:00〜 仕事
12:00 勉強昼休みに、スマートフォンで、過去問練習。 勉強時間:1時間
13:00〜 仕事
16:30 勉強移動時間に、スマートフォンで記述式雛形問題集で重要雛形をマスター。 勉強時間:30分
17:00〜 客先打ち合わせ
19:00 勉強帰りの電車で、スマートフォンで2倍速の音声講座を聞いて復習。30分で復習が完了。 勉強時間:30分
20:00〜 夕食・休憩
22:00 勉強自宅で、スマートフォンでもう一度過去問練習。復習モードで間違った問題を繰り返し覚える。 勉強時間:1時間

細切れ時間を有効活用する学習スタイルで、4時間の勉強時間確保が可能です!

自動車通勤で

通勤講座なら自動車通勤の方でも通勤時間を有効に活用いただけます。テキストや動画の講座は見る事ができませんが、音声講座を利用して車内で聞くことができます。

  • 自動車での通勤中に、携帯音楽プレーヤーを車載オーディオにつないで音声講座を聴く
  • 自宅に帰って、パソコンでテキストを読んで復習
  • 試験前は、過去問セレクト講座でアウトプット練習

ムリなく続けられるポイント

自動車通勤の方は、車の中では、音声で学習するのが有効です。携帯音楽プレーヤー(またはスマートフォン)を、車のオーディオにつなげば、通勤講座の音声講座を聞くことができます。

会社の昼休みなどを利用してスマートフォンでテキストを読んで知識の整理をすることができます。

自宅に帰った後は、パソコンの大きな画面で勉強を進めるのが効果的です。テキストを読んで復習し、通勤問題集、過去問セレクト講座、記述式雛形問題集でアウトプット練習をすると実力がアップします。

機器の活用

携帯音楽プレーヤー(またはスマートフォン)を使って、車で通勤時間に音声講座を聴きます。音声講座を繰り返し聞くことで、すばやくインプットできます。

パソコンでは、通勤講座のすべての機能を利用できます。音声講座でインプットした後に、通勤問題集過去問セレクト講座、記述式雛形問題集で問題練習を行い、間違った問題を繰り返し解くことで実力をつけられます。


ある日の学習スケジュール
7:00〜 勉強自動車での通勤中に音声講座を聞いて学習。 勉強時間:1時間
9:00〜 仕事
12:00 勉強昼休みに、スマートフォンでテキストを読み知識を整理。 勉強時間:30分
13:00〜 仕事
16:30 勉強帰りの車中で2倍速の音声講座を繰り返し聞いて復習。 勉強時間:1時間
17:00〜 客先打ち合わせ
19:00 勉強自宅のパソコンで過去問練習。 勉強時間:1時間
20:00〜 休憩・就寝

細切れ時間を有効活用する学習スタイルで、勉強時間を3時間30分確保!

休日を利用して

家族との時間や趣味など、プライベートな時間も大事にしながらも、通勤講座なら資格取得し自身のスキルアップが図れます。

  • 休日は午前中や夜など、時間を決めて勉強
  • 家族との時間もしっかり確保
  • パソコンやタブレットを使って、効率的にインプット/アウトプット学習

ムリなく続けるためのポイント

休日は家族と過ごす時間を大切にしたいなどプライベートの時間も確保しながらも、資格取得のために勉強時間もできるだけ確保することが可能です。

午前中や夜間といった時間を決め、効率よく勉強が可能です。あらかじめスケジュールを決めておくことで、家族との時間や趣味の為の時間を作ることができます。

通勤講座では、パソコンやタブレットがあれば、いつでもどこでもインプット学習・アウトプット学習が可能です。自宅だけでなく、カフェや図書館等でも勉強できるため、休日のスケジュールが柔軟に立てられるようになりました。

機器の活用

パソコン(またはタブレット)では、通勤講座のすべての機能を利用できます。音声講座でインプットした後に、通勤問題集、過去問セレクト講座、記述式雛形問題集で問題練習を行い、間違った問題を繰り返し解くことで実力をつけられます。

ある日の学習スケジュール
時間 勉強朝食前にタブレットでビデオ講座によるインプットと通勤問題集によるアウトプット学習。 勉強時間:3時間
9:00〜 朝食
10:00~ 家族でショッピングセンターにお出かけ。映画を観る。
18:00〜 夕食・休憩
19:30〜 子供に勉強を教える
20:30~ 趣味の読書を楽しむ。
21:30~ 勉強自宅で、パソコンを使ってもう一度過去問練習。復習モードで間違った問題を繰り返し覚える。
勉強時間:2時間

細切れ時間を有効活用する学習スタイルで、5時間の勉強時間確保が可能です!

今すぐお試しできます!無料セミナー・無料講座を試す

通勤講座は今すぐ無料で受講できます。
まずはお試しください!

無料配信中の講座はこちら

  • 無料セミナー「失敗例から学ぶ 着実に合格する勉強法5つのルール」
    + オンライン講座説明会
  • 司法書士 通勤講座の初回版
    ビデオ・音声講座、テキスト、要点暗記ツール、通勤問題集、セレクト過去問講座、記述式雛形暗記ツール、記述式雛形問題集など

※無料講座の内容は予告なく変更される場合があります。あらかじめご了承ください。

無料講座と無料セミナーを試してみる