宅建とダブルライセンスで取得すべき資格は?

不動産系の資格であり、法律系の国家資格でもある宅建士は、マンション管理士やファイナンシャルプランナーとの相性がよく、ダブルライセンスに挑戦する人も少なくありません。今回は、宅建とセットで取得しておきたい資格をご紹介します。

宅建士に合格したので、次の資格を取ろうと考えています。宅建士と相性の良い資格はあるのでしょうか?
同じ不動産系の資格のマンション管理士や管理業務主任者のほか、ファイナンシャルプランナーとも相性がよく、ダブルライセンスに挑戦する人も少なくありません。今回は、宅建とセットで取得しておきたい資格をご紹介します。

マンション管理に強くなれる資格

マンション管理に強くなれる資格として、「マンション管理士」「管理業務主任者」とのダブルライセンスもおすすめ。双方とも宅建と同じく不動産系の資格のため、宅建試験の延長でマンション構造の仕組みや不動産関連法の勉強ができます。

宅建とマンション管理士の組み合わせ

宅建とマンション管理士の同時取得であれば、「マンション管理にも強い取引士」として活動範囲も広がるでしょう。マンション管理士は、区分所有者が組合員となって構成されるマンション管理組合の運営をサポートするのが主な業務です。大規模修繕計画の作成や、共有設備のメンテナンス、建物保全のための取り組み、区分所有者間のトラブル仲介など、マンション管理全般に関する業務を担います。いわば宅地建物取引士が持っている不動産取引における強みを、マンション管理分野まで押し広げてくれる資格です。

ふたつの資格を持つことで、不動産業界への就職、あるいは同業他社への転職もしやすくなるでしょう。

宅建と管理業務主任者の組み合わせ

管理業務主任者は、マンション管理会社に一定割合必要とされる人材で、業者側の立場からマンションの安全管理、および住民の快適な生活環境の形成をサポートします。

マンション管理士と同じく、ダブルライセンスによって管理業務に強くなれるところが魅力です。さらには、管理業務主任者の試験は宅建試験と出題項目がいくつか重複する点もメリットのひとつ。「民法」「宅建業法」「建築基準法」など、宅建の試験勉強で得た知識がそのまま生かせるのです。

長年不動産業界で働く人の中には、マンション管理士と管理業務主任者、そして宅建のトリプルライセンスを取得している業者もいます。余裕があれば、積極的に資格取得を狙ってください。

ダブルライセンスで相乗効果が狙える

上記でご紹介した資格の他にも、行政書士や司法書士など法律系資格とも相性のよいのが、宅建です。行政書士試験では「民法」が、司法書士試験では「民法」「不動産登記法」が出題されますので、宅建取得のために学んだ知識を活かすことができるからです

有力な資格を複数持つことで、業務範囲も拡大し、ステップアップにもつながります。それぞれの資格の特徴とメリットを把握し、有効性が認められれば貪欲に取得を目指しましょう。

★マン管と管業のダブル合格を狙える「マンション管理士/管理業務主任者 通勤講座」とは?


宅建と相性のよいファイナンシャルプランナー(FP)

不動産系資格の宅建士ですが、実は金融系資格であるファイナンシャルプランナーとは相性がよく、ダブルライセンスを取得して活動範囲を広げている人も多くいます。ファイナンシャルプランナーの資格があれば、土地取得で資産運用を目指す個人・団体に有益なアドバイスを送ることが可能です。

不動産投資を考える顧客相手に生かせる

空地やマンションを購入して家賃収入を得たり、コインパーキングを設置して駐車場収入を得たり、あるいは太陽光発電の設置で売電収入を確保したり、土地を有効活用して収益を生み出す不動産投資が広く行われています。土地やマンション、賃貸アパートの購入を仲介するのは宅建業者の仕事ですが、資産運用に関する知識となると、別ジャンルです。

宅地建物取引士に加え、ファイナンシャルプランナーの資格もあれば、不動産購入者に土地の有効活用におけるアドバイスや、効果的な資産運用の方法に関する相談にも乗れます。ダブルライセンスの取得で取り扱える業務領域も拡大し、新たな顧客獲得にもつながるでしょう。

おすすめは2級以上

ファイナンシャルプランナーには1級~3級までの種類があり、レベルによって金融商品に関する知識や実務スキル、顧客や企業の信頼度も異なるでしょう。金融に関する知識を持ち合わせていない人は、3級に合格するのも困難でしょうが、宅建とのダブルライセンスを狙う場合、取っておきたいのは2級です。

ファイナンシャルプランナーの資格を重視する金融系企業が望むレベルは、2級以上と言われます。3級レベルではまだ評価が得られないため、実務での効果を確保するのであれば2級にチャレンジしてください。

★忙しい方でもスキマ時間で学べる「FP 通勤講座」とは?

★宅建の民法の知識を活かして行政書士資格を取得!忙しくても効率的に学べる「行政書士 通勤講座」とは?

★民法や不動産登記法などの学習知識を活かして司法書士資格取得にチャレンジ!働きながら学べる「司法書士 通勤講座」とは?


NEXT 宅建士資格の意外な活用法
PREV 宅建の合格率は?

合格できる人と
できない人の違いとは?
宅建合格法 5つのルール
を無料公開中!

試験の概要から宅建試験の合格戦略までわかりやすく解説します。

無料配信中の講座はこちら

  • 短期合格セミナー
    「失敗しない宅建合格法 5つのルール」
  • 通勤講座の無料体験版
    ビデオ・音声講座、テキスト、通勤問題集、セレクト過去問集 付き
今すぐ無料セミナーと初回講座を試す