コンサルタントが取得しておくべき資格は?


コンサルタントとして独立するにあたり、取得しておくべき資格としては何があるでしょうか?
コンサルタントを名乗るのに資格は不要ですが、専門分野の知識はもちろん必要ですし、特に大切なのはコミュニケーションのスキルを高めておくことです。


専門分野における知見の裏付けとしての資格

コンサルタントとして独立する場合、自分が手掛けようとするティングの専門分野に直結、あるいは関連する資格を取得しておくと有利でしょう。専門分野はさまざまですので、具体的にどの資格とは、特定しにくいです。
いずれにしろ、有効な資格を取得することは、コンサルタントとしての専門分野における知見を備えていることの裏付けとなります。また、実際のコンサルティングの現場で必要な知識を得ておく上でも必要です。


分野に関わらず、コーチングのスキルは必須

専門分野により、どの資格が必要かを特定しにくいとは述べましたが、クライアントとのコミュニケーションを上手に行なうことが必須というコンサルタントの仕事の特性を考えると、専門分野が何であれ、コーチングのスキルを修得しておくことは必須だと言えます。

コーチングは、本を読むなどして学ぶこともできますが、やはり自己流では限界があります。対面式のクラスで実践演習を行ない、講師から直接指導を受けることが望ましいです。コーチングの認定資格を取得すれば、コーチングのスキルを修得したことの客観的な証明になりますし、「コーチングができるコンサルタント」として、具体的な差別化要因にもできます。

経営課題に絡むコンサルティングなら、中小企業診断士に

企業経営者を対象としてコンサルティングを行なう場合、専門分野に関わらず、経営に関する知見を持ち合わせておいた方が、コミュニケーションもとりやすいでしょう。その点、中小企業診断士の資格を取得しない理由もありませんね。

コミュニティに参加できるのは資格取得のメリット

どの資格を取得するのであれ、その分野の専門的な知識・スキルを得られることに加えて大きなメリットとなるのは、その資格を取得した人たちのコミュニティに参加できることです。

たとえば中小企業診断士協会のような団体(コミュニティ)に所属しておくことで、案件を紹介してもらえたり、他の診断士と協業を持ちかけられたりする機会もあります。また、同じ資格を持つ仲間同士での情報交換など、切磋琢磨する機会にも恵まれます。認定資格がなくてもコンサルタントを名乗れますが、資格を取得する機会があるのなら、積極的にチャレンジしましょう。


コンサルタントとして独立を目指したい方必見!

「コンサルタント独立に向けたステップアップのポイント」
無料公開中

コンサルタント養成講座は、いますぐ無料で、初回版ビデオ講座とレジュメがお試しできます。
また、独立開業のポイントも無料で配信中!

ぜひ、一度、「コンサルタント養成講座」をお試しください!

無料初回講座

コンサルタント養成講座の初回版

ビデオ/音声レジュメ

コンサルタントとして独立を目指す方や士業としてより付加価値のあるサービスを提供して売上を増やしたい方に最適!

無料セミナー

「コンサルタントの魅力独立開業に向けたステップアップのポイント!」

オリエンテーションではコンサルタントの魅力やコンサルタントになるためにはどうしたらいいのか分かり易く伝授する動画セミナーです。
これから勉強を始める方は必見!

無料講座と無料セミナーを試してみる