経済学・経済政策 平成22年 第4問 - 投資の理論

ピックアップ過去問解説

問題

投資決定の説明として、最も適切なものの組み合わせを下記の解答群から選べ。

a ケインズの投資理論では、投資の限界効率が利子率を下回るほど、投資を実行することが有効になると考える。
b 資本のレンタル料が資本の限界生産物価値を上回る場合、投資が増加し、資本ストックの積み増しが生じる。
c 投資の加速度原理では、生産拡大の速度が大きくなるほど、投資も拡大すると考える。

d トービンのq理論では、株価総額と負債総額の合計である企業価値が、現存の資本ストックを再び購入するために必要とされる資本の再取得費用を上回るほど、設備投資が実行されると考える。

[解答群]

ア aとb
イ aとc
ウ bとc
エ bとd
オ cとd

解答・解説

解答:オ

マクロ経済学から、投資の理論に関する出題です。様々な投資理論の知識が問われておりやや難易度が高いですが、消去法で選択肢を絞れる問題です。

順番に記述を見ていきましょう。

aは、ケインズの投資理論に関する記述です。

ケインズの提唱した「投資の限界効率」理論では、投資の限界効率が利子率を上回る時に、投資が実行されると考えます。よって、aの記述は不適切です。

bは、資本のレンタル料に関する記述です。

資本のレンタル料とは、資本ストックを1 単位追加するのにかかる費用のことです。資本の限界生産物価値とは、資本を1 単位追加したことによって得られる収入の追加分です。

資本のレンタル料が資本の限界生産物価値を上回る場合、費用が収入を上回ることになるので、資本ストックの積み増しは行わないと考えられます。よってbの記述は不適切です。

ここまででcとdが適切であり、オが正解だとわかりますが、参考として残りの記述も見ておきましょう。

cは、投資の加速度原理に関する記述です。

投資の加速度原理では、「投資は、国民所得の変化分に比例して変動する」と考えます。

投資の加速度原理によれば、国民所得が大きく増加、すなわち生産拡大の速度が速い年には、企業は沢山投資をします。国民所得が増加しなかった、すなわち生産拡大の速度が遅い年は、企業は投資を減らします。

よって、cの記述は適切です。

dは、トービンのq理論に関する記述です。

トービンのq理論では、投資を検討するとき「企業の株式市場での評価」と「現存の資本ストックを買い換える費用」の2 つをもとに判断します。「企業の株式市場での評価」は、株価総額と負債総額の合計で表されます。

トービンのq理論では、株価総額と負債総額の合計が現存の資本ストックを買い換える費用を上回るとき、投資を実行すると判断します。逆に、株価総額と負債総額の合計が現存の資本ストックを買い換える費用を下回るときは、資本ストックを減少させる投資となるため、実行しないと判断します。よって、dの記述は適切です。

以上より、cとdが適切であり、オが正解となります。


学習するには

経済学・経済政策

 5-7労働市場と主要理論 - 投資の理論

→ 上記の講座が含まれる「1次2次合格コース」はこちらから


ピックアップ過去問一覧

これから始める方へのおすすめコース

1次2次合格コース

中小企業診断士 1次2次合格コース[2019年度試験対応]

一括 ¥49,980~ (税込)
分割例 月々 ¥2,421 × 24回から

基礎から合格レベルまで効率的学ぶことができるため、これから2019年度ストレート合格を目指すのに最適なコースです。コースを3タイプご用意しており、ニーズに合わせてご選択いただけます。

学習上の疑問を解消できるQ&Aチケット付きコンプリートコースがスタート!NEW


すべてのコースを見る

いますぐ無料でお試しできます

通勤講座は、いますぐ無料でお試しできます。
現在、冊子「中小企業診断士 加速合格法」無料でプレゼント中!
無料ガイダンス「短期合格の戦略」配信中!

無料動画講座

合格戦略講座「短期合格の戦略
基本講座初回「1-1経営と戦略の全体像」
ビデオ/音声講座、テキスト、実戦フォローアップ講座、通勤問題集、過去問セレクト講座、2次対策講座付き!


無料冊子

冊子「中小企業診断士 加速合格法」
試験勉強で苦労する前に読んでおきたい、短期間で合格するための方法を解説した冊子(電子版)です。

合格法冊子と通勤講座を無料で試してみる