財務会計 平成22年 第8問 - 経営分析

ピックアップ過去問解説

問題

 当期の損益計算書は次のとおりである。総資本回転率が1.2回、経営資本回転率が1.4回であるとき、事業活動に使用している投下資本に対して本業から利益をどの程度生み出すことができたのかを示す資本利益率の値として、最も適切なものを下記の解答群から選べ。

       損益計算書(要旨)
           (単位:千円)
   売上高        500,000
   売上原価       307,000
   売上総利益      193,000
   販売費及び一般管理費 163,000
   営業利益        30,000
   営業外収益       7,600
   営業外費用       4,200
   経常利益        33,400
   特別利益        1,700
   特別損失        2,800
   税引前当期純利益    32,300
   法人税等        12,300
   当期純利益       20,000

[解答群]
 ア 4.8%
 イ 5.6%
 ウ 7.2%
 エ 8.4%

解答・解説

解答:エ

財務・会計から、経営分析に関する出題です。

本問では、資本利益率の計算について問われています。 少し複雑な問題ですが落ち着いて考えれば正解できる問題です。

それでは問題を見ていきましょう。

まず、問題文で与えられている総資本回転率と経営資本回転率の算式を復習しておきましょう。

総資本回転率は、売上高÷総資本

経営資本回転率は、売上高÷経営資本

になります。

ここでいう経営資本とは、

 流動資産+固定資産-建設仮勘定-投資その他の資産

で計算されるもので、事業活動に使用している投下資本ということができます。

そして本業からの利益という点では「営業利益」が該当します。よってここでは「経営資本営業利益率」を問われていることになります。

それでは経営資本の値を計算します。

売上高500,000÷経営資本で経営資本回転率の1.4回が計算されるので、

経営資本は売上高500,000÷経営資本回転率1.4回ということで357,143という値が出てきます。

営業利益は損益計算書から30,000とあるので、経営資本営業利益率は30,000÷357,143×100ということで、8.4%になります。

よって選択肢エが正解です。

このように、複雑な計算問題でも、順番に考えていけば、基本問題の組み合わせで正解できます。


学習するには

財務会計

 2-6 経営分析 - 資本利益率

→ 上記の講座が含まれる「1次2次合格コース」はこちらから


これから始める方へのおすすめコース

1次2次合格コース

中小企業診断士 1次2次合格コース[2019年度試験対応]

一括 ¥49,980~ (税込)
分割例 月々 ¥2,421 × 24回から

基礎から合格レベルまで効率的学ぶことができるため、これから2019年度ストレート合格を目指すのに最適なコースです。コースを3タイプご用意しており、ニーズに合わせてご選択いただけます。

学習上の疑問を解消できるQ&Aチケット付きコンプリートコースがスタート!NEW


すべてのコースを見る

いますぐ無料でお試しできます

通勤講座は、いますぐ無料でお試しできます。
現在、冊子「中小企業診断士 加速合格法」無料でプレゼント中!
無料ガイダンス「短期合格の戦略」配信中!

無料動画講座

合格戦略講座「短期合格の戦略
基本講座初回「1-1経営と戦略の全体像」
ビデオ/音声講座、テキスト、実戦フォローアップ講座、通勤問題集、過去問セレクト講座、2次対策講座付き!


無料冊子

冊子「中小企業診断士 加速合格法」
試験勉強で苦労する前に読んでおきたい、短期間で合格するための方法を解説した冊子(電子版)です。

合格法冊子と通勤講座を無料で試してみる