司法書士試験の試験科目は?

司法書士試験(筆記試験)では、どのような科目が出題されるのでしょうか?
民法、不動産登記法をはじめとした11科目が出題されます。

司法書士試験の筆記試験では、民法、不動産登記法、商法・会社法、商業登記法、民事訴訟法、民事執行法、民事保全法、司法書士法、供託法、刑法、憲法の計11科目が出題されます。


司法書士試験(筆記試験)出題科目

午前の部(択一式) 計35問

  • 憲法 〔3問〕
  • 民法 〔20問〕
  • 刑法 〔3問〕
  • 商法(会社法) 〔9問〕

午後の部(択一式)計35問

  • 民事訴訟法 〔5問〕
  • 民事執行法 〔1問〕
  • 民事保全法 〔1問〕
  • 司法書士法 〔1問〕
  • 供託法 〔3問〕
  • 不動産登記法 〔16問〕
  • 商業登記法 〔8問〕

午後の部(記述式)計2問

  • 不動産登記法 〔1問〕
  • 商業登記法 〔1問〕

科目全体を見ると出題数の多いものと、それ以外の比較的出題数が少ないものがあることがわかります。受験界では出題数が多いものは「主要4科目」、それ以外の科目は「マイナー科目」と呼ばれています。


主要4科目とは

主要4科目に該当する科目は、「民法」、「不動産登記法」、「商法(会社法含む)」、「商業登記法」です。

この4科目だけで、全出題数(択一式70問)の内、実に82%(53問)を占めるので、「主要4科目」と呼ばれています。

司法書士試験の学習の大部分はこれらの科目の学習になります。

特に民法は、これらの科目の中でも出題数が20問と多く、最重要科目です。
なぜ民法の出題が多いかというと、不動産登記法、会社法・商法など他の科目を学習していくうえで、必要な知識となってくるからです。

また、不動産登記法と商業登記法は、択一式以外に記述式でも各1問出題されます。
そのため、司法書士試験では、これらの「主要4科目」をいかに攻略していくかが、合格のカギといえます。

関連記事:司法書士試験の最重要科目「民法の攻略法」とは

関連記事:挫折せずにスムーズに学べる「不動産登記法の攻略法」とは
関連記事:何から学んだらいい?「会社法・商法・商業登記法の攻略法」とは


マイナー科目とは

「主要4科目」以外の「民事訴訟法」、「民事執行法」、「民事保全法」、「供託法」、「司法書士法」、「憲法」、「刑法」が「マイナー科目」と呼ばれています。



「マイナー科目」との呼び名から、「重要視しなくてもいい」、「捨て問(科目)にしていい」と勘違いされがちですが、出題数が「主要4科目」に比べ少ないというだけで、決して疎かにしていいという科目ではありません。

司法書士試験は、各年度の難易度にもよりますが、択一式には「合格基準点」というものがあり、この基準点を超えなければ記述式の採点を行わないという制度があります。この「合格基準点」は概ね8割5分(85%)です。

これがマイナー科目もおろそかにできない理由です。

関連記事:どの程度勉強すればいい?「マイナー科目の攻略法」とは


司法書士試験に合格するためには、主要4科目をしっかりおさえつつ、マイナー科目もバランスよく、効率的に学習していくことが重要です。

合格できる人とできない人の違いとは?

今なら無料で
「司法書士合格法 5つのルール」
を公開中!

忙しくても、挫折せずに
合格できるコツをわかりやすく解説します。

無料配信中の講座はこちら

  • 短期合格セミナー
    「失敗例から学ぶ 着実に合格する勉強法5つのルール」
    「記述式が苦手な方のための記述式攻略法」
    「司法書士試験リベンジ合格法」
    「平成30年度 司法書士試験講評と次年度対策」
  • 通勤講座の初回版
    ビデオ・音声講座、テキスト、要点暗記ツール、
    通勤問題集、セレクト過去問集、記述式雛形暗記ツール
    過去問1年分
    平成30年度 択一過去問集 NEW
今すぐ無料セミナーと初回講座を試す