中小企業診断士の実務補習について

中小企業診断士を取得するために「実務補習」を受けることが必要だと聞きました。実務補習とはどのようなものかを教えてください。   
中小企業診断士の資格を取得するには、2次試験に合格後に、通常は「実務補習」を受ける必要があります。
具体的には、中小企業診断士の資格取得のためには以下の要件が必要です。
中小企業診断士第2次試験に合格後、3年以内に実務補習を15日以上受けるか、診断実務に15日以上従事すること。
通常は、中小企業診断協会などが主催している「実務補習」を受ける方がほとんどですので、実務補習について解説します。以下は特におすすめする関連資格です。


「実務補習」とは?

実務補習は、中小企業診断士が行う経営コンサルティングの実務の経験を積むために、実際の中小企業を対象に経営コンサルティングのグループワークを行うものです。

通常は、5人ぐらいのグループに分かれ、グループの指導員であるベテランの中小企業診断士の指導を元に、経営コンサルティングの実務を行います。

経営コンサルティングの対象となる中小企業は、指導員の方から紹介されます。(指導員の業界の会社であることが多いようです)。

5日間で1社の経営コンサルティングを行う形になります。そのため、これを3社行うと、計15日になり、中小企業診断士の登録要件を満たすことができます。

実務補習を行う日程はあらかじめ決められていますので、参加が可能な日程で申し込むことになります。ちなみに、連続して5日ではなく、2週間以内の期間で日程が組まれていることが多いようです。

いつ受ければよいのか?

実務補習は、2次試験合格後の3年以内に15日以上受ける必要があります。中小企業診断協会が主催するコースでは、15日間コースと、5日間コースがあり、選べるようになっています。

診断士合格後、最短で資格を取りたい方は、最も早いスケジュール(2月頃スタート)の15日間コースを受けるのが良いでしょう。

じっくり実務補習を受けたい方は、5日間コースを3回受ける形になります。

どんな事を行うのか?

実務従事は、基本的には指導員の指示に従って行いますので、申込をしてから検討すれば十分です。申込をすると、実務補習のテキストが送られてきますので、一読しておくことをお勧めします。

初日は、まずグループ分けが発表され、グループに分かれて指導員からの説明を受けます。診断先企業の説明や、グループでの担当分け、進め方などを決めます。

次に、診断先へのヒアリングを行い、診断業務に入っていきます。期間は短いため、報告書の方向性を議論した上で、担当になった部分の報告書を作成します。さらに、報告書を持ち寄り、全体的な整合性などを検討し報告書を完成させます。このあたりは、グループで短時間の中でアウトプットを作っていくために、忙しい毎日を送る事になります。

最終日に、診断先に報告書をプレゼンし、それが無事に終われば修了書を受け取ることができます。

実務補習のメリット

仕事をしながら実務補習を行う人は、特に忙しい日々を送りますが、メリットもあります。

・短い期間であっても、実際の中小企業を対象に、経営コンサルティングの実務を経験できること。

・グループのメンバーと苦労を分かち合うことで、その後の人脈ができること。 大変かと思いますが、前向きに取り組んで頂ければ幸いです。



PREV 中小企業診断士の資格維持費用はどれくらい?

監修 市岡 久典

中小企業診断士
ITコンサルタントとして働きながら、中小企業診断士試験に合格。 その後、ベンチャー企業の経営企画部門の責任者を経て独立。現在は独立診断士として、中小企業診断士講座講師、創業支援、事業計画策定、資金調達、 経営管理、事業再生など、幅広い分野で中小企業のコンサルティングを行う。

勉強で苦労する前に読んでおきたい
今なら無料で
「中小企業診断士 加速合格法」
冊子プレゼント!

1次2次ストレート合格の秘訣を大公開。

無料配信中の講座はこちら

  • 無料冊子
    冊子「中小企業診断士 加速合格法」
    短期間で合格するための方法を解説した冊子(電子版)です。
  • 無料動画講座
    基本講座初回盤「1-1経営と戦略の全体像」 ビデオ/音声講座、テキスト、実戦フォローアップ講座、通勤問題集、過去問セレクト講座、2次対策講座付き!
合格法冊子と通勤講座を無料で試してみる